ものづくりDX実現に向けた
製造業向けARソリューション

デジタルトランスフォーメーション (DX) 戦略の一環として、Misterineでは工場運営の改善に役立つARソリューションを数多く提供しています。

近年、多くのグローバル企業がインダストリー4.0、デジタルツイン、スマートファクトリー、産業IoT導入の重要性に注目し始めました。製造現場のデジタル化や情報管理システムの向上は、ここ数年で急速に進んでいます。とは言え、この収集した大量のデータをどう可視化し活用するのかについては、未だ手探りの会社が多いのが現状でしょう。

製造業におけるデジタル化を目指すで、ARは欠かせない技術です。データを必要な時に必要な分だけ現実空間に表示することで、作業者の認知的負荷を減らし作業効率を上げることができるからです。生産性の向上、学習効率の上昇、ヒューマンエラーの防止、作業負担の軽減など、ARがもたらす恩恵は無限大だと言えます。

ものづくりDX:
現場におけるARの活用例

AR ナビゲーション

工場や倉庫で部品を探している場面を想像してください。あなたはスマートフォン(またはヘッドマウントディスプレイやスマートグラス)を取り出し、アプリを起動し、部品を検索します。

アプリは瞬時に部品の位置を特定し、ARがあなたを部品の場所までナビゲートしてくれます。わざわざデスクに戻りパソコンの前に座って、データベースを検索する必要はありません。工場内のどこにいても、このARナビゲーションが部品の位置を教えてくれるからです。

AR データ可視化

自社工場に顧客を招待したと想像してみて下さい。あなたは、自社工場のオペレーションがいかに効率的であるかを見せたいと思っています。

顧客に携帯端末(スマートフォンやスマートグラス)を渡し、そのデバイスを通じて工場内を見渡してもらいましょう。

画面上には、各機械や各部品上にARでタグが表示されています。それぞれのタグをタップすると、その機械や部品のリアルタイムデータが即時に表示されます。

AR X線ビューア

顧客の工場を初めて訪問し、電気ケーブルを修理する場面を想像してみてください。設備の場所を聞いたりどの電気ケーブルを交換すべきかを調べたりする代わりに、携帯電話でアプリを開き、データベースから顧客の名前を見つけます。

アプリはARでどこに行くべきか、何を探せばよいか、どのブレーカーを切るべきか等教えてくれますが、勿論それだけではありません。

ARが壁の中にあるパイプや電気ケーブルの位置を見せてくれるため、ケーブルの接続状況を簡単にチェックし、原因をいち早く突き止め、他の設備に影響を与えず修理することができます。

AR 仕分けサポート

作業台で複雑な手作業をしている場面を想像して下さい。部品の種類により操作が多岐に渡るため、これまで混乱を招いたり間違いを起こすことが多く、対策としてARが導入されました。

作業を開始すると、頭上のカメラが作業内容を認識し、作業台上にプロジェクターから指示が投影されます。あとはARの指示に従って作業を行い、確認して次の作業に移るだけです。

このARシステムはインタラクティブな構成になっており、仮にあなたが指示を誤って理解しても、画像認識技術が即座にエラーを検出しフィードバックしてくれます。作業スペースを節約する画期的ソリューションとして、バーチャルキーボードも利用可能です。

ものづくり現場へ
ARサポートを導入し

必要な情報を必要なだけ
必要な時に必要な人に見せる

それこそが、デジタルトランスフォーメーションにおけるARの最大の利点ではないでしょうか。上記のARソリューションはほんの一例に過ぎません。お客様のニーズに合わせたARソリューションをご提案させて頂きますので、いつでもお気軽にご相談下さい。

詳細を問い合わせる