手順書を3Dマニュアルへ
AR作成・再生ツール

Misterine Studio & Appは、ARマニュアル/コンテンツの作成・編集・再生機能を包括した「シンプル」かつ「手頃な価格」で利用できる「信頼性の高い」プラットフォームです。ノンプログラミングで直観的操作が可能なため、外部業者に依頼することなく自社内で自由にARマニュアル/コンテンツを作成できます。企業の大小を問わず、本当に現場で使えるARソリューションをお探しの方にお勧めの製品です。

AR作成ソフト
Misterine Studio

ライセンス

Step 1

新規プロセスを作成/既存のプロセスを開く

Step 2

ワークフローを作成/互換性のある作業手順書データをインポート(xml等)

Step 3

作業手順・説明・ウェブサイトへのリンク・画像・参考資料・工具・事前要件・警告メッセージ等を含む必要なインストラクションを追加

Step 4

3Dシーンを追加し3Dモデルをインポート(CAD, obj, stp, fbx, step等)

Step 5

タスク毎にARで表示したい3Dアニメーションを編集

Step 6

プロセスを保存しクラウドサーバーにエクスポート

AR再生アプリ
Misterine App

無料

Step 1

App StoreまたはGoogle Playからアプリをダウンロード

Step 2

デバイスでアプリを実行し、再生したいARマニュアル/コンテンツをダウンロード(ログインまたはQRコード・バーコードのスキャンにより対象のプロセスを検索)

Step 3

ARマニュアル/コンテンツを再生し、インストラクションに従って作業を実施

マーカーモード: ARマーカーを配置しデバイスのカメラで読み取ります。ARオブジェクトはARマーカーを基準として予め設定された位置に表示されます。

タッチモード: デバイスに実環境の平らな面を検出させ、ARオブジェクトを平面メッシュの上に配置します。ARオブジェクトの位置や方向は自由に変更できます。

Step 4

全てのインストラクションを実行した後、作業レポートを確認

AR活用事例

組立マニュアル

組立作業は容易ではありません。文字と図面のみで説明された技術書は一般的に、誤解を生みやすく理解しづらいものです。ARマニュアルは、次の組立手順が一目で理解できるよう作業者を視覚的にサポート。作業者はニーズに応じて、3Dアニメーションを実機に重ねて再生したり、バーチャルな3Dオブジェクトを空間に表示することができます。

ケーススタディ

ジェットエンジンの組み立ては非常に複雑です。英語の文章と2D図面で構成されたエンジンマニュアルに従って20,000点の部品を組み立てていくのは、熟練技術者にとっても容易ではありません。

ARマニュアルは、世界共通の「視覚的」言語により、認知的負荷を軽減し、作業者が本来の作業に集中できるようサポートします。熟練技術者のみならず経験の浅い技術者であっても、複雑な作業をより迅速且つ円滑に行うことが可能になります。ARの導入により、組立作業の効率は約40%~60%向上しています。

詳細はこちら

保守点検マニュアル

保守・点検・修理には技術と経験が必要です。特殊な作業の場合、経験豊富な技術者でさえマニュアルに頼らざるを得ません。ARマニュアルは、技術者が必要な手順をより短時間でより正確に実行するために大変役立ちます。

ケーススタディ

生産設備の定期メンテナンスのため、技術者がクライアントの工場を訪問。メンテナンス中に欠陥部品を見つけましたが、頻繁に起こる不具合ではなかったため部品の交換方法を思い出せませんでした。

技術者はスマートフォンのアプリでARマニュアルを再生しました。ARマニュアルは技術者に、部品の交換手順、参照画像とリンク、質問とアクション、作業の確認等、インタラクティブな指示を提供。メンテナンス作業は、外部の助けを借りることなく短時間で終了しました。

詳細はこちら

テクニカルサポート

グローバル化した市場では、世界各国に向けた年中無休のテクニカルサポートがますます重要になっています。それに伴い多くの企業では、この24時間365日のサポート体制にかかる人件費と旅費の削減が目下の課題となっています。ARの視覚的インストラクションを活用し、これらニーズの多くを遠隔で解決することにより、大幅な費用の削減が見込めます。

ケーススタディ

装置の製造業者S社は、テクニカルサポートの技術者を24時間常駐させ、必要に応じて海外顧客に派遣していました。売り上げが伸びるにつれランニングコストが急増したため、S社は代替ソリューションを検討し始めました。

最終的にS社はARの導入を決定しました。現在では、全ての顧客にARトラブルシューティングマニュアルが配られ、あらゆる作業・警告・画像・スペアパーツ・工具・参考資料等を含んだ資格情報に何時でもアクセスできる環境が用意されています。これにより、技術者の渡航ニーズは大幅に減少しました。

詳細はこちら

ユーザーマニュアル

ARユーザーマニュアルは、顧客満足度向上のための最適なツールになるかもしれません。顧客へ新たなユーザーエクスペリエンスや付加価値を提供することで、商品に対する理解を深めるだけでなく、ポジティブな驚きと興奮を与え、競合他社との差別化を図ることができるからです。

ケーススタディ

家具メーカーE社は顧客満足度を向上させる方法を模索していました。改善すべき課題の一つとして挙げられたのは、家具の組立に関する紙ベースのユーザーマニュアルでした。一定数の顧客はマニュアルの内容を正しく理解できず、結果的に混乱を招き、家具に損傷を与えるケースが多発していたためです。

E社はARユーザーマニュアルを導入。家具の箱に貼られているバーコードをモバイルアプリで読み取ると、該当するARマニュアルが再生され、ユーザーは3Dの組立手順を見ることができるという仕組みです。これにより、顧客満足度は約30%向上しました。

詳細はこちら

トレーニング

トレーニングは企業にとって重要な活動である一方、多大な費用と労力が求められます。ARはあらゆる種類のトレーニング(機械操作、緊急時対応、安全、教育等)及び研修生(新入社員や代理店等)を効率的にサポートするため、教育者の負担とトレーニング費用を大幅に削減することができます。

ケーススタディ

ジェットエンジンの組み立ては大変複雑です。教育者は実機エンジンを使ってデモを行いますが、外から見えない機構(シャフト内部等)や類似部品(エアチューブやガスチューブ等)が多いため、新人研修性にとっては直観的に理解しづらい現状があります。

ARはこれら問題のほとんどを解決してくれます。内部メカニズムを3Dアニメーションで視覚的に表示し、混乱し易い部分を異なる色で強調することができるからです。時間と場所を選ばず学習できることも、ARの大きなメリットだと言えるでしょう。

詳細はこちら

展示会イベント

展示会は潜在顧客を獲得するのに最適な場所ですが、大型機械や製品を搬入し設置するには多くの費用が掛かります。製品の全ラインアップをARで展示し実物大で見せることで、より多くの来場者を自社ブースに集客し、展示会を最大限に活用することができます。

ケーススタディ

産業用ロボットメーカーY社は、効果的なマーケティング方法を模索していました。国内外の展示会に相当な予算を投じていましたが、ある時競合他社がARを使って製品をアピールし、来場者の注目を集めているのを目にしました。

そこで、Y社もARに挑戦することを決めました。ブースには実機を1台のみ設置し、他の機械やアドオンユニット等はARで実演したのです。その結果、来場者は約40%、新規問い合わせは約25%増加しました。

詳細はこちら

販売促進ツール

ARはセールスツールとしても大変有効です。持ち運べない大型製品も実物大または拡大縮小サイズで表示でき、全ての製品を360°方向から紹介できるため、製品の魅力をより効率的に伝えることができるからです。また、オンラインでの製品販売もより簡単になります。

ケーススタディ

機械装置メーカーN社は、自社の交換用機器の導入メリットを顧客に上手く伝えられず苦労していました。言葉による説明では顧客側が既存機器と比較した利点をあまり感じられず、導入に踏み切れなかったのが主な原因でした。

N社は顧客の工場を訪問し、ARによる製品紹介を行いました。設備や機能を3Dアニメーションで実演することにより、顧客は機器の利点を理解し最終的に交換用機器の購入を決定しました。

詳細はこちら

製品カタログ

顧客に製品カタログを郵送・持参する代わりに、タブレットやスマートフォンでARによる製品紹介をすることができます。製品の仕組みを紹介したり、付加価値を説明したり、工場のスペースに製品が収まるかどうかを確認するのにも、ARは大変有効なツールだと言えます。

ケーススタディ

射出成型装置メーカーH社は、ARによる製品カタログを導入し、顧客の工場で製品のデモを行いました。顧客の最大の関心事は、その機械やアドオンユニットが専用スペースに収まるかどうかでした。

購入前に機械の配置やスペースを評価できるため、ARによる製品紹介は顧客にも大変好評でした。現在その顧客は、他の装置を追加導入するかどうか検討しています。

詳細はこちら

組立マニュアル

組立作業は容易ではありません。文字と図面のみで説明された技術書は一般的に、誤解を生みやすく理解しづらいものです。ARマニュアルは、次の組立手順が一目で理解できるよう作業者を視覚的にサポート。作業者はニーズに応じて、3Dアニメーションを実機に重ねて再生したり、バーチャルな3Dオブジェクトを空間に表示することができます。

ケーススタディ

ジェットエンジンの組み立ては非常に複雑です。英語の文章と2D図面で構成されたエンジンマニュアルに従って20,000点の部品を組み立てていくのは、熟練技術者にとっても容易ではありません。

ARマニュアルは、世界共通の「視覚的」言語により、認知的負荷を軽減し、作業者が本来の作業に集中できるようサポートします。熟練技術者のみならず経験の浅い技術者であっても、複雑な作業をより迅速且つ円滑に行うことが可能になります。ARの導入により、組立作業の効率は約40%~60%向上しています。

詳細はこちら

保守点検マニュアル

保守・点検・修理には技術と経験が必要です。特殊な作業の場合、経験豊富な技術者でさえマニュアルに頼らざるを得ません。ARマニュアルは、技術者が必要な手順をより短時間でより正確に実行するために大変役立ちます。

ケーススタディ

生産設備の定期メンテナンスのため、技術者がクライアントの工場を訪問。メンテナンス中に欠陥部品を見つけましたが、頻繁に起こる不具合ではなかったため部品の交換方法を思い出せませんでした。

技術者はスマートフォンのアプリでARマニュアルを再生しました。ARマニュアルは技術者に、部品の交換手順、参照画像とリンク、質問とアクション、作業の確認等、インタラクティブな指示を提供。メンテナンス作業は、外部の助けを借りることなく短時間で終了しました。

詳細はこちら

テクニカルサポート

グローバル化した市場では、世界各国に向けた年中無休のテクニカルサポートがますます重要になっています。それに伴い多くの企業では、この24時間365日のサポート体制にかかる人件費と旅費の削減が目下の課題となっています。ARの視覚的インストラクションを活用し、これらニーズの多くを遠隔で解決することにより、大幅な費用の削減が見込めます。

ケーススタディ

装置の製造業者S社は、テクニカルサポートの技術者を24時間常駐させ、必要に応じて海外顧客に派遣していました。売り上げが伸びるにつれランニングコストが急増したため、S社は代替ソリューションを検討し始めました。

最終的にS社はARの導入を決定しました。現在では、全ての顧客にARトラブルシューティングマニュアルが配られ、あらゆる作業・警告・画像・スペアパーツ・工具・参考資料等を含んだ資格情報に何時でもアクセスできる環境が用意されています。これにより、技術者の渡航ニーズは大幅に減少しました。

詳細はこちら

ユーザーマニュアル

ARユーザーマニュアルは、顧客満足度向上のための最適なツールになるかもしれません。顧客へ新たなユーザーエクスペリエンスや付加価値を提供することで、商品に対する理解を深めるだけでなく、ポジティブな驚きと興奮を与え、競合他社との差別化を図ることができるからです。

ケーススタディ

家具メーカーE社は顧客満足度を向上させる方法を模索していました。改善すべき課題の一つとして挙げられたのは、家具の組立に関する紙ベースのユーザーマニュアルでした。一定数の顧客はマニュアルの内容を正しく理解できず、結果的に混乱を招き、家具に損傷を与えるケースが多発していたためです。

E社はARユーザーマニュアルを導入。家具の箱に貼られているバーコードをモバイルアプリで読み取ると、該当するARマニュアルが再生され、ユーザーは3Dの組立手順を見ることができるという仕組みです。これにより、顧客満足度は約30%向上しました。

詳細はこちら

トレーニング

トレーニングは企業にとって重要な活動である一方、多大な費用と労力が求められます。ARはあらゆる種類のトレーニング(機械操作、緊急時対応、安全、教育等)及び研修生(新入社員や代理店等)を効率的にサポートするため、教育者の負担とトレーニング費用を大幅に削減することができます。

ケーススタディ

ジェットエンジンの組み立ては大変複雑です。教育者は実機エンジンを使ってデモを行いますが、外から見えない機構(シャフト内部等)や類似部品(エアチューブやガスチューブ等)が多いため、新人研修性にとっては直観的に理解しづらい現状があります。

ARはこれら問題のほとんどを解決してくれます。内部メカニズムを3Dアニメーションで視覚的に表示し、混乱し易い部分を異なる色で強調することができるからです。時間と場所を選ばず学習できることも、ARの大きなメリットだと言えるでしょう。

詳細はこちら

展示会イベント

展示会は潜在顧客を獲得するのに最適な場所ですが、大型機械や製品を搬入し設置するには多くの費用が掛かります。製品の全ラインアップをARで展示し実物大で見せることで、より多くの来場者を自社ブースに集客し、展示会を最大限に活用することができます。

ケーススタディ

産業用ロボットメーカーY社は、効果的なマーケティング方法を模索していました。国内外の展示会に相当な予算を投じていましたが、ある時競合他社がARを使って製品をアピールし、来場者の注目を集めているのを目にしました。

そこで、Y社もARに挑戦することを決めました。ブースには実機を1台のみ設置し、他の機械やアドオンユニット等はARで実演したのです。その結果、来場者は約40%、新規問い合わせは約25%増加しました。

詳細はこちら

販売促進ツール

ARはセールスツールとしても大変有効です。持ち運べない大型製品も実物大または拡大縮小サイズで表示でき、全ての製品を360°方向から紹介できるため、製品の魅力をより効率的に伝えることができるからです。また、オンラインでの製品販売もより簡単になります。

ケーススタディ

機械装置メーカーN社は、自社の交換用機器の導入メリットを顧客に上手く伝えられず苦労していました。言葉による説明では顧客側が既存機器と比較した利点をあまり感じられず、導入に踏み切れなかったのが主な原因でした。

N社は顧客の工場を訪問し、ARによる製品紹介を行いました。設備や機能を3Dアニメーションで実演することにより、顧客は機器の利点を理解し最終的に交換用機器の購入を決定しました。

詳細はこちら

製品カタログ

顧客に製品カタログを郵送・持参する代わりに、タブレットやスマートフォンでARによる製品紹介をすることができます。製品の仕組みを紹介したり、付加価値を説明したり、工場のスペースに製品が収まるかどうかを確認するのにも、ARは大変有効なツールだと言えます。

ケーススタディ

射出成型装置メーカーH社は、ARによる製品カタログを導入し、顧客の工場で製品のデモを行いました。顧客の最大の関心事は、その機械やアドオンユニットが専用スペースに収まるかどうかでした。

購入前に機械の配置やスペースを評価できるため、ARによる製品紹介は顧客にも大変好評でした。現在その顧客は、他の装置を追加導入するかどうか検討しています。

詳細はこちら

主要対象産業

航空宇宙、自動車、機械、エレクトロニクス、エネルギー、建設、家具、玩具・ホビーといった産業に関わる世界各国の企業が私たちの主なクライアントです。

航空宇宙
自動車
機械
エレクトロニクス
エネルギー
建設
家具
玩具・ホビー

航空宇宙、自動車、機械、エレクトロニクス、エネルギー、建設、家具、玩具・ホビーといった産業に関わる世界各国の企業が私たちの主なクライアントです。